FC2ブログ

VW Type2 ピックアップトラック(1967)のプラモデルをつくろう!《6》


ワーゲンバスのType2、ピックアップトラック制作中です。


荷台には15枚ほどの板状のパーツを貼るようになっている。
先に貼ってしまって塗り分けようかとも思ってたけど
ものすごくメンドクサイことになりそうだったんで
素直に板状パーツを塗装してから貼ることにした。





説明書には黄系での色指定だったので
それっぽい色合いに塗装してから荷台に貼った!
茶系⇔黄系の同系色で視覚的に大きな差はないものの、
とてもマッチしてて気持ちの良い荷台になった♪








シャーシは特に何か塗装する箇所はないものの、
エンジンだけはそれらしく塗り分けた。



完成後はまったく見えなくなるんだけど
やっぱり塗れるものは塗っておかないと
何となく気になってしまう”モデラーあるある”だ。笑


これで塗装は全て終わり!

ここからようやくスミ入れとウェザリング。
どんな表情が生まれるか、自分でもわくわくだ!!!




《つづく》




スポンサーサイト



VW Type2 ピックアップトラック(1967)のプラモデルをつくろう!《5》


ワーゲンバスのType2、ピックアップトラック制作中です。

塗装の塗り分けだけでは寂しいので
いつものように何かデカールを貼ってカッコ良くしたい!


が、なかなかマッチする色合いのものがなくて
今回は余ってた自作デカールの中からコレをチョイスした。






ドアにコレ貼って一気にテンションもUPーーーー!!!

のハズだったのだけれど…
残念ながら少しサイズが大きくてドアに収まらなかった。












急遽、あんまりロゴとかギラギラしないシンプルな路線に方向転換し、
「American Diner」の文字だけ貼ることにした。







合わせて窓枠も塗った!





このワーゲンバスのキットのなかなかの難関がこの窓枠塗装だ…
マスキングするのも大変だったのでエナメルで筆塗り、
ハミ出した部分は拭き取ってあげて何とかサマになった。





ホイールは車体に合わせて茶系で。
車体の前に着ける”鼻”のホイールは黒系にした。








シルバーパーツもまとめて塗装した。
ドアに取り付ける取っ手パーツが小さい…
いつも必ずこのテのパーツは1個失くすのがお約束だ。笑
失くさないように慎重に管理せねば…。








内装はシックにモノトーン調でまとめることにした。
ナンバープレートと、荷台に取り付けるフック状のパーツを塗り忘れてたので
そっちも合わせて塗装。







シートはオーソドックスだけど黒系で。







前後のバンパーは白を筆塗り。
あんまりきれいだと新車みたいだから
ワザと雑に塗って”使い込まれてる感”を演出した。





キットのパーツ数はそんなに多くないハズなんだけどな…
なんか分かんないけど、なかなか塗装が終わらない。汗


《つづく》





VW Type2 ピックアップトラック(1967)のプラモデルをつくろう!《4》



ワーゲンバスのType2、ピックアップトラック制作中です。


久しぶりにワーゲンバスの制作を進めた。


シャーシは何も特別なことはなくて
説明書通りに組んだだけ。

ワーゲンバスって車高を落としたのが多いし
色んな人の作例も「◯mm落とした」っていうのをよく見かける。
今回トライしてみようかと思ったけれど、
イマイチやり方が分からず手が出なかった…




そこら辺を詳しくやってくれてるサイトがなかなかないのよね。

このあとジャーマングレイを吹いた。


《つづく》




アイアンマンに対しての熱量が爆上がり中



週刊アイアンマンの定期購読を決断してからというもの、
アイアンマンに対しての熱量が爆上がり中だ。笑

定期購読は2号からお届け、ということになっていて
いつ届くのか毎日ソワソワして待っている。

YouTubeにこの週刊アイアンマンの完成版を弄ってる動画を発見!
多少気になる箇所がないワケではないものの、
やっぱりカッコイイしこれからコレを作っていくんだなーと
ひとりでニヤニヤしながら(気持ち悪い笑)ソワソワして待っている。





改めてアイアンマンの映画(一部)を観たりしながら
アイアンマンと言えば、序盤のこのMark3のデビュー戦だよね!!!とか
改めて観ると、結構ダメージ(汚れ)のシーンの割合が多いんだね。とか。






アーマーの装着シーンがカッコ良すぎてハァハァ…




Mark3ではないけど、Mark5もシルバーがクールでカッコイイ!!!




いつの間にかYoutubeのオススメが
アイアンマン系で埋め尽くされるようになった。笑
週刊アイアンマン、いつ届くのかなー

と思っていたらついに昨日届いた!!!

お届けは2冊分ずつなので、2号と3号が手元にある。
早速作るぞ!!!といきたいところなのだけれど
まだ未開封で全くの手付かずの状態…

というのは、現在例のワーゲンバス製作もあって、
机の上にアイアンマンを広げるスペースに余裕がない…

とりあえずワーゲンバスを完成させてから、
腰を据えてアイアンマン作って行く予定。
せっかくの楽しみは長く楽しまないと♪(ムリヤリ)


あ、ひとつ有益な情報があったので紹介。
創刊号でブチ当たった「ネジがめちゃくちゃ固い!!!」という不安点について、
ミシンオイルという潤滑油を使うことで
ネジ固い問題がかなり軽減されるらしい。




あんまりドバドバ使ってパーツに付着させてしまって
ヌルヌルになってしまわないように注意しないといけないと思うけど、
スムーズに作業できるようになるメリットは大きい!

ぜひ活用してみたいなー。


「週刊アイアンマンをつくろう」の定期購読する?しない?という話


週刊アイアンマンを定期購読するかどうか、
最近ずーーーっと悩んでいる。


とりあえず創刊号が発売になったんで
Twitterでザッと流し読みしてみた。
が、「定期購読を決めました!」というリアクションは
ひとり居たかな?というくらいで
その多くは「創刊号だけ買って終わり」という、
全国でアイアンマンの頭だけが
大量生産されているのが現状のようだ。笑

しかし、人は人、である。

自分の目で見て、触れて、そこに答えがある!
というワケで創刊号を買って来た。

創刊号は290円。(デアゴスティーニ♪)





創刊号はアイアンマンのヘッド。
読者の興味を引き付け、定期購読者をGetするためにも
魅力的なパーツからというのは定番。
いきなり「肩をつくろう!」とかだったら興味薄いしね。笑

冊子には完成後の原寸大の写真が載っていて、
全長60cmというビッグサイズを頭の中で想像するのと
写真ながらその大きさを実感するのとでは全く感じ方が違う。
デカイデカイとは思っていたけど…これは本当にデカイ!!!
完成後の総重量が3.6キロだから
それはそれはズッシリなんだろうなというのは想像に難くないけど、
ヘッドだけでもかなりズッシリ来る重さ。
これって大きさを実感して、逆に購読を諦める人も多いのでは…。


早速組み立ててみよう♪

と意気揚々と走り出したら、出だしですぐコケた。

ネジ、固っっ!!!!!!!

何だそれ…こんなに固いもんかな?
オロオロしてるウチにネジ山がなくなっちゃったよ?汗
みんな、良くこんな固ーーーーいのを
何事もなかったかのように組み立てられるね…
手が若干不自由な身にはちょっとキツイぞ!
果たして定期購読したとして、ちゃんと組み立てられるのだろうか…
大きな不安が襲ってくる。汗

ヨーイドン!でいきなり途方に暮れた俺は、父を頼り、母を頼り、
家族総出でアイアンマンのヘッドを完成させた。笑








ちなみにLEDも組み込んでいて、
スイッチに触れると目が光るというカッコ良さ!!!






凄いね創刊号。
これで290円というのは冗談にも程がある。笑

アイアンマン、カッケェェェェ!と興奮しつつも
それでもまだ煮え切らない自分に
定期購読しなさいよ!とちょっとだけ背中を押すツイートがあった。

週刊アイアンマン発売に伴う撮影依頼だとかで、
これを見るとプロポーションも良くめちゃくちゃカッコイイ!!!
個人的に両足のバランスというか棒立ちみたいなのが気になっていたけど、
仁王立ちさせるとカッコ良すぎてハァハァしてしまう…





流し見してしまいがちだけど、台座もデケェ…
完成後「こんなデカイものをどこに置くんだ?」という難題がどうしてもついて回るものの、
毎日こんな大きなアイアンマンを眺めながら生活するのは
なかなか幸せな気持ちになるのかも、なんて想像を膨らませている。


そう、結局そういうことなんだな。と今思った。

完成させるのにトータルで約15万円だとか、
完成まで2年もかかるとか、
どうしてもそのインパクトに引っ張られるけど
スタートするときはそう思うだけで
走り出してしまえばやっぱり毎号楽しみだし
少しずつ出来上がっていくのは焦ったいけど楽しいし、
「週刊零戦をつくろう」も「週刊2000GTをつくろう」も
それなりの時間と費用と労力はかかったけど
損したわー。。とか無駄だったわー。。とか、これっぽっちも思ったことがないし、
アイアンマンに15万も払ったわー。。なんてことはまず思わないハズだ。笑

このビッグサイズアイアンマンで
自分が幸せな気持ちになれるかどうか。


定期購読を悩んでる人は、
ちょっとそこを自分に問うてみてはどうでしょうか?






と、ここまで熱く語っておいて、
結局お前の結論はどうなんだ?という話なんだけど

やっぱり週刊アイアンマン、定期購読します!


と同時に、こうも言いたい。

一緒にアイアンマン作りながら
あーでもない、こーでもないと言い合いましょう!


迷ってる皆さん、お待ちしています(?)笑



プロフィール

ゆずモンキー

Author:ゆずモンキー

●2013年頃から、1/24スケールの車+ジオラマ制作を中心に模型を楽しんでいます。
●海外の古い車や働く車の何気ない日常の空気が好きです。
●あまり枠にとらわれず自由に作っていきたいと思うので、一緒に面白がってもらえれば嬉しいです!


*てんとうむし Smile Baton Project
●みんなの笑顔で難病をなくすんだ!
筋ジストロフィーにより笑えない僕が、
筋ジストロフィー治療研究のために
てんとうむしで笑顔をつなぐプロジェクト
【公式ホームページはこちら】
【公式グッズストアOPEN!】

◎プロジェクトの中で得た収益は、
iPS細胞研究基金へ寄付します。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
リンク