今、何が欲しいですか?


3Dプリンターが欲しい。

モデラーさんならきっと心のどこかに抱いてるであろう、この思い。

模型用に欲しいというのもあるのだけれど、
実際手にしたところで何に役立つのかイマイチ思い浮かばない。
キット化されてない車を3Dプリンターで…みたいなのが
一番理想的なんだろうけど
そんな3Dデータが作れないし。汗

高い高いと思ってた3Dプリンターも
今は数万円で買える家庭用が揃って来てて
かなり性能も上がってきてると聞いて
遠くない将来に買ってしまいそうな予感はある…

とりあえず、その遠くない将来に向けて
3DのCADを勉強してみようと
無料で使えるFusion360を弄り始めました。





まだ本に習って操作を追うことしか出来ないですが…

なんか、Illustratorとかに慣れ過ぎてるせいで
同じ感覚で整列したり移動したりできないのが
ものっっっっすごくもどかしい…
徐々に慣れていけると思うのだけれど、
途中で心が折れないことを目標にして笑
習得していきたいと思います。



練習で作ったワイングラス。






ワイン入り。




スマホスタンドのようなもの。







入門の第一歩でこれってすごいソフトですねぇ。
リアルさがハンパない…

ゆくゆくは、自分が欲しい形を自由に作れるようになりたいなぁ。





スポンサーサイト

Citroen Type H 《3》


ボディにグレーのサフを吹きました!







ボディ色を何色にするか悩みましたが、
パネル毎に違う微妙な色合いが気に入ったので
赤で行くことにしました。






でも、ただ赤に塗るだけでは面白くないので
今までとは違うアプローチで塗てみようと思います。

新しいアプローチ…

エアブラシを解禁(?)します!!

YouTube観てたら、エアブラシ塗装が気持ち良くて
それに触発されたというのも否定できませんが笑

それで、エアブラシを使って赤を吹きますということではなく
陰影を吹いた上から赤を乗せると
実際どんな仕上がりになるのかなぁという興味があったのです。
赤や黄色みたいな隠蔽力の弱い色は下地の影響を受ける、っていうのを
逆手にとった方法みたいですね。

海外モデラーさんのYouTubeでも良く見かけますが、
実際自分で体験してみよう!と思い。

詳しいことは良く分かんないけど笑



あ、そういえば…0.2の口径が絶不調だったことを思い出したので
クレオスのエアブラシを買いました。





今まで、エアブラシの圧調整をしても
吹き始めはドバッと勢いよく吹き出すのが苦痛だったり
なかなか自由が効かない手で
エアブラシ??コンプレッサーを
また持ってまた下ろしてまた握り直して…とかで
大変&面倒くさかったりもしたのですが、
それを改善するアタッチメント?を着けたら一気に世界が開けて、
しかも手元で圧の調整ができるようになったりで
かなりエアブラシのハードルが下がった感があります!

掃除とかのメンテナンスが大変ではあるけど
何だかんだで、エアブラシで色塗るの楽しいですしねー。



というワケでエアブラシで下地となる陰影を吹きました。
初めてこんなことやりました。
エアブラシ使ってるわぁーーっていう感じがしますねぇ。





初めてのことなのでどれくらい白を残せば良いのか、
どれくらい下地も影響が出るものなのか
データが自分の中に全くないので
大失敗に終わる可能性もあります。笑

後日、赤をいつものように筆塗りします。

(そこは筆塗りかーい!!)




《つづく》

Citroen Type H 《2》


ボディ色に悩みながらシャシーの塗装をしました☆

いつもはシャシーをマホガニーで塗装しますが、
ちょっとやってみようと思ったことがあったので
トライしてみました。

シャシーの下地を赤茶っぽい色に、サビっぽい色にして
その上に例のシリコンバリア→つや消しブラックを塗って塗装剥がしすると
どんな感じになるんだろうか?、と。





これはこれで良い感じにはなったけど
イメージしてたモノとは少し違うかなぁ…
でもやろうとしてることは何となく伝わるかと思います。笑
トガったものでカリカリする、というのって意外と難しくて
なかなか良い感じに塗装を剥がしきれませんでした。

前回はちょっとシリコンバリアが強すぎたかなと思ったので
今回はサッと軽くひと塗り程度にしたのですが
それはそれで弱すぎたのでしょーか…
なかなか思うように行きませぬ。orz

ヘアスプレー技法の方がやりやすいんですかねぇ。




《つづく》

Citroen Type H 《1》


前回のWrecker Truckを作る前にこれをと思ってましたが、
満を持して(?)今度はこのキットに手を伸ばします!


エレールのCitroen Type Hです。
ま、YouTubeで週刊シトロエン〜を観てしまったので
そこで火が点いたってこともありますが。笑


この車は、フランスの自動車メーカーシトロエンから発売されていた車で
何と言ってもその外観ですねー
角ばったデザインでとーってもユニーク!
このデザインは、第二次世界対戦でフランス国内の工場や機械が大きな被害を受けたこともあり、
車の生産には平らな鉄板を組み合わせた方が早かったから
(それしか方法がなかったから)
結果的にこんなデザインになった、ということのようです。

当時は白や黒のモノクロのものしかなかったようで、
赤や白、青といったカラフルな車両が出てくるのは
随分と後だったと聞きます。

大きな荷物、大人数を乗せて運べるということで
移動販売車や警察車両など色んな場面で活躍したんだそう。
実際にナマでこの車が走ってるところを見たことはないですが、
多少のうんちくを踏まえて頑張って作ってまいります!


さて、制作の前にネットで写真を漁ってみました。


赤、定番ですね。
パネル毎に微妙に赤の濃淡がついてて良い味が出てますねぇ。





黄色も定番かな。
結構このカラーで制作されてるのを見かけるので
今回は候補から外しますー。







クリーム色。
気分的にコレジャナイかなぁ。





この色は綺麗だな、何色って言うんだろう。
自分で調色して作り出さないと
なかなかこの色!ってないですよねぇ。





グリーン!
なかなかグリーンには手が出ない…





青系、これも定番ですね。
青は好きなんですが、多分その調子で作ってると
青い車ばーっかりになってしまうので慎重にパス。笑







紫!!!インパクトありすぎ。





ピンク!
ないわぁー笑、というワケでもなく
実は一番心が揺れているピンク。
なかなかピンクで塗るってないですからねー
こういう機会じゃないと、って言う意味では…





やや赤に寄せたピンク。
でもこの色にするならもう赤にするですねぇ。





サビ、はちょっと置いといて、
オイスターホワイトっぽい白とピンクのツートン。
悪くはないと思いますが、踏ん切りが…





薄いクリーム色とワインレッドのツートン。





と似たようなのでブルーのツートン。


オレンジが眩しい!
以前作ったワーゲンバスと何となくカブるので
今回は却下。





モノトーンも綺麗ですね!





茶系もシックでおしゃれです。
パン屋さんの移動販売とかって設定で作ると良さげ。





シルバーも定番です。
スモーキーな感じで大人の一台?





思い切って攻めるとすれば…みたいな。
いずれもう一台、とかなったときはコレ!かなぁ。
今ジャナイ感。





エスニック系。





どこかの宣伝車っぽいヤツ。





警察車両!





ブラック系もカッコ良いんだけど
これもいずれもう一台コースかなぁ。
カッコ良いんですけどね、うん。







番外編で、心が揺れた。笑





結局何色にするか…
なかなか決断しきれないのですが。汗


まずは仮組みしてみました。
パーツ同士の合いも非常に良く特に問題ありません!





ただ、パーツが薄い。
かざすと結構透ける感じです。
なので、透け防止の意味も込めてこの後サフを吹くとします。

シャシーは組めるとこは全部組んでしまいます。
そうすると塗り分けが大変になってしまうのですが、
塗装後に接着するのをできるだけ回避したいので

接着(強度) >>> 塗装

を選ぶとします。





出来ればボディ側もそうしたいのですが
パネル毎に微妙な色合いの濃淡が出て欲しいので、
ボディは塗装を優先しますーーーー






《つづく》




「週刊○○をつくる」で今度のデアゴはジャガー?



デアゴスティーニが今度は…



カッコイイっすねぇーーー
”ジャグワァ”ですよ、ジャグワァ。
プロポーションも2000GTにも良く似ていますね、
ジャグワァ好きなら迷わず定期購読ですが
そこまで”ジャグワァ”ではないので笑、ほほーと言うだけです。

フラリとアシェットを覗いてみたらば、
なんと!あの「たいれる」を刊行中だった。



渋っ。

アシェットも目の付け所が独特のところ攻めて来ますねぇー
古いフォーミュラーファンには堪らんですね。
果たしてどれくらい売れているのか…
あまり話題になっているのも聞いたことないけど汗


また面白い題材で週刊○○〜があれば
定期購読してみたいなという気はあるけれど
最近のデアゴが出すモノと言えば
スターウォーズとかデロリアンとか
SFモノも多くてなかなかマッチングしないんですよね。


こないだYouTubeで
週刊シトロエン〜の動画を見つけたんですが



こういうのよ、こういうの。
こういうのを出してくれなきゃ。笑

これ海外で刊行されてるんでしょうね…

これ出たら迷わず定期購読だろうなぁ。
海外の人、羨ましいぞ!


ともうひとつ、週刊ムスタング〜とかさ…



かっこ良過ぎてヨダレ出るよ!
ハァハァしちゃうよ!!!


これも海外だけだなんて、もったいないわぁ。
モノはあるんだし、権利買ってどこか刊行してくれないかしら。


週刊ワーゲンバスと
週刊シトロエンと
週刊ムスタングと。

それぞれ全50号ずつとして
3台総額で30~40万くらいか。

恐ろしい。笑



プロフィール

ゆずりは

Author:ゆずりは

●アメリカンなシーンが好き!
●アメリカンな模型を目指します!
●少しずつジオラマにも挑戦中。
●アナログな遊びが楽しい!
●少しカラダが不自由なので兼リハビリも。


*てんとうむし Smile Baton Project
●みんなの笑顔で難病をなくすんだ!
筋ジストロフィーにより笑えない僕が、
筋ジストロフィー治療研究のために
てんとうむしで笑顔をつなぐプロジェクト
【公式ホームページはこちら】
【公式グッズストアOPEN!】

◎プロジェクトの中で得た収益は、
iPS細胞研究基金へ寄付します。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
リンク